FC2ブログ

2012.02.29 (Wed)

母として・・・

【More・・・】
1年生も後一ヶ月・・・せやのに日常の現状は・・・
聴覚過敏から、ざわざわした集団という中で落ち着くことが出来なくなり
みんなと過ごしてきた教室を更に拒絶するようになり
より一層情緒の乱れが酷くなっていく日々。

・・・せめて残りの一ヶ月くらい、みんなと楽しく過ごして欲しいなぁ・・・

そんな大人の勝手な思いが、あたしの中にまた不安と焦りを生んでしまい
わかってるのに、、、十分わかってるのに、、、
ほんまに自分が情けなくなってしまう。。。


いつも使ってる個室は、毎時間常に個人・少人数授業をしてはる部屋で
娘が一人で使えるのは月曜のみ。
落ち着ける居場所が無いからそこに居るだけで、何ヶ月も勉強なんてしてきていない。
折り紙、塗り絵、工作・・・
『学校へ来れたら、それだけで十分OK』
信じられへんやろうけど、これが娘の現実。

クラスメイトの肢体不自由の友達が、
今、生まれつき曲がった足の手術をして、入院しながらも頑張っている!
先週から、そのお友達が使っていた特別支援の教室を使わせてもらってる。

情緒は荒れながらではあるが、荒れながらでもプリントとかの課題をしようという意欲が出てる!
『ふりだし』に戻って新たに一から始めようね!

moblog_b99e3c05.jpg  moblog_81251a24.jpg

先日、スクールカウセリングの先生に言われた。
「ママがやってることって・・・先生やん。。。本来は先生がやるべきこと」
でしょうね。
10までの計算カードかるた作ったり、見通しカレンダー作ったり、etc・・・
娘にずっと付いてくれる先生は現実いません。
教頭先生、教務主任、ことばの教室の先生らが空いた時間に来てくれて
娘やあたしに係ってくれてる。
担任の先生は、少しの時間でも、常時来てくれる。
そんな担任の先生・・・いつもあたしに気を遣ってくれる。。。
申し訳なさでいっぱいなのもめっちゃ伝わる。
ぶっちゃけクラスメイト、娘以外にも支援が必要な子が多くて
先生、めっちゃ大変なんもあたしはようわかってる!

来週、来年度の話を学校とする。
障害児を通わせてるママ友らは、みんな言う。。。
  やっぱり親がココまで付き添う学校生活ってのは実質おかしいやろ!
  そりゃ、親が付き添ってくれたら学校は楽やん!
  そこは、強く拒否しやな、頼られっぱなしじゃ自分も潰れるし
  子供も甘えから抜け出せへんで!
確かに、、、
でもな、学校の現状、娘の現状、あたしはめっちゃ見てきたし
情緒障害の子供にとって親のケアってほんま大事で・・・
うーーん(>_<)


今日、1日free参観日やった。
2,3時間目『この1年間でできるようになったこと発表会』
一人一人、色んなことを発表する。
娘は「そんなんなんもないわ(>_<)」ってずっと拒絶していた。
  出来るようになったことやなくてもええやん!
  今、ナノは自分の中にある悪の組織と戦ってるやん☆
  いっぱいやりたいって気持ちあるのに、
  悪の組織が邪魔してて出来んなってるだけやん!
  自分と戦ってる!頑張ってる!それ言えばええやん!

娘が自分で発表できない想定はしてた!
だから、代わりにあたしがみんなに娘をわかってもらえるようにと絵を描いて
発表しようと準備してきた!

moblog_99fd3ab5.jpg

moblog_1753ddae.jpg

あたし・・・みんなの前で号泣して(^_^;)
発表は先生にしてもらった!よくわかってくれてるから、補足して話してくれて
話しながら先生も泣いちゃって(^_^;)
参観してたママ友も泣いちゃって(^_^;)
娘の友達も泣いちゃって(^_^;)

でも、クラスのみんな、今までもよくわかってくれてたけど
更に今の娘のこと、わかってくれた(p_-)♪


明後日は『6年生を送る会』
1年生の出し物、練習授業に一度も参加していない(汗)
今回もCDを貰って、家では歌う曲をかけている。
明日は最終練習。。。
登校できるかどうか・・・

明後日の本番、どうなるか・・・
運動会も音楽会も娘の横で一緒にやってきた☆
今回も、やるよ♪






23:55  |  日常
 | HOME |